注文住宅のための資金計画:予算を賢く管理する方法 

注文住宅のための資金計画:予算を賢く管理する方法 

注文住宅を賢く安全に建てるためには? 総予算をつかみましょう。

ほとんどの方にとって新築住宅を購入する事は人生で一番大きなお買い物だと思います。失敗しないために大切な事は新築住宅を購入してから新しい生活が始まり落ち着くまでにかかる費用を具体的に把握する事です。次に将来に向けて安全な返済計画とライフプランニングが大切です。本来、これらは住宅の購入前に行いたいものですが初めての家づくりでは慣れない事も多く完璧にはいきません。そのため、分けて考える事で、気持ちの負担も軽くなります。 

注文住宅を建てて住宅ローンの返済がスタートすると!

住宅ローンの返済が進んでいく時期は生活上でも様々な出費が発生していく時期と重なります。お子様が生まれる、お子様の成長に伴って習い事への出費、学費の負担など。計画を立てる事で気持ちにゆとりが出来ます。いよいよ始まる長期の返済にも安心感が生まれます。このような事から住宅の建築だけはなくライフプランニングでも共に悩み、並走でき、寄り添えるパートナー工務店を見つける事が成功の秘訣となります。 

新築住宅のための自己資金の確保は様々な角度から検討すべき

いよいよ具体的に新築住宅や注文住宅を具体的にご検討する時期になると資金計画を作成する事になります。金利の変動が考えられるこれからは住宅ローンをどのような商品で選ぶのかが重要なポイントです。選ぶ住宅ローンによっては自己資金の頭金を入れた方が良い場合、フルローンで行く方がお得になる場合もあります。住宅ローンの金融商品は様々あるためどの組み合わせが良いか悩む事でしょう。

住宅ローンはどこで相談するが良いの? 

住宅ローンを借りて返済をする場合、どこで相談するべきか?銀行ローンを実行するのは金融機関になります。しかし相談は私どものような工務店、ライフプランナー、その他でも可能です。シュミレーションしながら目に見える形で理解する事をお勧めします。一つ一つ不安を解消する事が新築の家を建てる事へのワクワク感に変わっていきます。  

住宅ローン 金融商品の選び方

例えば住宅ローンの窓口である銀行に相談する場合、きっと住宅ローンの担当者からは統計的に皆さん、○○〇〇ローンを使う場合が多いですよとその時の販売したい金融商品を進められるかもしれません。しかしそれがあなたにとっての正解ではありません。変動金利、固定金利、それらのミックスされた金融商品もあり、どれがご自分に合っているのかを良く検討する必要があります。住宅ローンの申し込みにはご自身の年収などの属性を事細かくオープンにしなくてはならないため躊躇(ちゅうちょ)してしまう事も多いものです。躊躇(ちゅうちょ)する事で聞きたい事や不安な事を言葉に出来なくなるケースも多々あります。このような気持ちの負担から、新築住宅や注文住宅の計画をストップしてしまう方もいらっしゃいます。 

せっかくの新生活への夢が台無しになる瞬間です。そうならないためにしっかりとした家づくりのパートナーを見つける事が成功のカギとなります。 

住宅ローン 金融商品の選択はどれが良い? 

住宅ローンの金融商品は大きく分けて3つになります。銀行などの民間金融機関が貸し出す融資、2つ目は財形貯蓄をしている方が利用可能な財形住宅融資という公的な融資、そしてフラット35を代表する協調融資です。また金利タイプでも様々あります。変動金利型や固定金利型または変動金利の期間と固定金利の期間を合わせた商品など様々です。ライフプランニング上、中長期の期間に家計の出費が大きくなる時期でも返済が生活を圧迫しないようにプランを作成したいものです。 

長期的な視点での計画 住宅ローンの返済はあせらずに。 

新しい住まいでの生活がスタート、一番幸せなひと時です。今までの家賃がこれからは住宅ローンの返済へと変わりました。十分に検討して決めた計画です。このまま問題なく返済が進む予定ですね。 

人生山あり谷ありとの格言があります。順調に所得も上がり生活に落ち着きが訪れたころ、生活に係る出費が今までのものより多くなっている、なんて事も良くあります。ここからはしっかりとした返済計画と生活費のマネージメントをお勧めします。 

新しいお子様の誕生、そして成長、ご家族の予期せぬ病気や事故と様々です。住宅ローンの返済計画は焦らずに計画的にバランスよくお付き合いしていきましょう。 

補助金や税制優遇の活用を賢くしっかりと。

注文住宅や新築の家を購入して住宅ローンを組む際、気になる事は住宅ローンの減税はどのくらいになんだろう?ですよね。現在は取得した年末のローン残高の0.7%を所得税から最大13年間控除する事が出来ます。このような仕組みを活用しながら月々の返済方法とあわせて考えると良いですね。また長期優良認定住宅になると控除対象額が多くなるなどメリットがあります。また、住宅の性能により最大控除額が変わります。性能の良い住宅を建てる、購入する事で費用はアップしますが控除額もアップするため結果として心地良い住まいをお得感をもって取得する事ができるのです。 

保険の選択で備えを万全に!備えあれば憂いなし 

大切な資産をどのようにまもりますか?家を取得し、これからが楽しく新しい生活です。ウキウキする気持ちを抑えつつ、しっかりとした備えをしたいものです。 

だからといって生活を圧迫するような保険の準備はかえってマイナスです。火災保険や地震保険など住まいという安全地帯を守る備えや世帯主様加入の団体信用生命保険、生命保険などでもカバーする事が大切です。 

ライフスタイルに合わせた計画 

最後に夢の住宅を購入後、長い住宅ローンの返済期間が続く事になります。特にその期間はご夫婦で一番楽しい時間、ご家族で思い出がたくさんできる時期でもあると思います。その大切な期間がローンの返済に追われてしまっては本末転倒ですよね。 

そのような事にならないためには家づくりの良きパートナーに巡り合う事、家づくり、購入の入り口ではアドバイスに耳を傾ける事をお勧めします。良き住まいと安心な生活の場所としての住まいはきっとあなたのご家族をそっと包み込んでくれるはずです。 

初めての家づくりで不安なことがあると思いますが、ご安心ください。埼玉県草加市にある家はシェルッソ、自然素材の注文住宅を手がける工務店として豊富な実績を持ち、理想の家づくりをお手伝いします。あなたのライフスタイル合った間取りや設備をゼロから一緒に作っていきましょう。

お問い合わせはこちら

リキャプチャ確認用_個別相談