【専門知識不要】注文住宅で失敗しないハウスメーカー・工務店の選び方

【専門知識不要】注文住宅で失敗しないハウスメーカー・工務店の選び方

「家づくりを始めてから最初にぶつかる壁とは・・?」

今回はそんな疑問にお答えします。

どこに頼めば良いのか”?”ではないでしょうか?

そう思っているあなた、ぜひお読みください。


ハウスメーカーと工務店の違い

家づくりを行う会社にはテレビでコマーシャルを流している大手ハウスメーカーや専門特化型の中堅ビルダー、地域の工務店などがあります。

ハウスメーカーとは

同じ家づくりでもハウスメーカーと工務店の違いは企画、設計を自社内で一括して行い、営業から購買活動、事務作業、現場管理などを部門別にしている大手ハウスメーカー。一言で云えば会社社屋を中心に計画から管理までを行う仕組みの組織体制。会社運営、維持費は膨大です。

工務店とは

工務店は家づくりの全てがまさに現場であり、現場で造る家を中心に考えています。そのため、現場でおこる設計の変更やお客様のちょっとした要望の追加など収まりにたいして柔軟に対応します。



失敗しない選び方① 広告費を使いすぎていないか

注文住宅はお客様のご予算と要望を設計に入れながら進めます。

大手ハウスメーカーはブランドという価値の対価が既に含まれています。例えば会社の広告宣伝費など。

家はバックや洋服のような価格帯とは違い、ほとんどの方にとって人生で1回もしくは2回あるかないかの大変い大きなお買い物です。

あなたはブランドの価値に数百万円という安心料を支払いますか・・・? 
もちろん管理もしっかりされていますし、良い建物です。○○メーカーが好きならばそれは良い選択です。

しかし、理想の家を予算の限りある中でほしいなら一度立ち止まるべき選択ではないでしょうか?



失敗しない選び方② 口コミが高いか

家づくりで失敗しないためには・・? 大切なポイントをおさえましょう。

それは家づくりの中でも見えない部分にこだわり、その家の性能を第一に考える事です。

家の断熱はどうか?気密などはしっかりしているのか?換気の仕組みは?などなど。たくさんの確認するべきポイントがあります。

大切なポイントがわかったらその様な事を口コミで確認してみるのも良いかもしれません。

地域の工務店は1年に5棟、8棟と数棟を丁寧に建てている会社がほとんどです。

そのような場合、口コミも少ないケースがある事もおさえたいポイントです。



失敗しない選び方③ 自分の目でも確かめる

大切な家を数十年という人生の大半の住宅ローンで購入する事は人生の大きな重大で大切なイベントです。

失敗はしたくありませんよね。ポイントは家づくりへの思いを工務店の人に直接、良く聞く事です。

インターネットや口コミだけではわからない本音があります。現場を見学させてもらうのもいい事です。

現場の大工さんのお話を聞く事や現場の状況を確認するとその会社の家づくりに対する思いが全て伝わってきます。

また、その工務店が使う商品のメーカーのショールームに見学にいく事も大切なポイントです。

キッチンやユニットバスなどの水回りは特に造っているメーカーが一番詳しいため、確認したいところです。

もしかするとご予算に余裕があればオプションをつけたくなるかも。

オプションをつける方は意外に多いのです。



失敗しない選び方④ 得意なデザインを把握する

デザインにこだわりがある場合、そのデザインで建てられるか、建ててよいかを確認する事も必要です。

そこで大切なポイントはそのデザインは家づくりの構造や耐震などの問題はないのかを確認したいところです。

問題が無ければその上であなたのデザインの要望をお伝えしてみると良いと思います。

某有名建築士に建ててもらった豪華な家が住みにくくて欠陥だらけだったなどのケースもあります。



失敗しない選び方⑤ こだわるべき大切なポイントとは

家のデザインとは・・! 実はファザード(形)には流行があります。

あまりにこだわりすぎると数年後に古いデザインになる事も。

こだわるのであれば窓の素材や窓の設置のバランス、ほんの少しだけアクセントとなるデコレーションをお勧めします。

想像してみてください。真っ白の外壁にリズムよく並ぶ窓、アクセントとなる黒のアイアンが印象的。
夕方になるとそのアイアンと玄関のドアが照明でライトアップされる・・?

きっと通る人々の目線をくぎ付けにする事でしょう。



さいごに

住宅の購入は大きなライフイベントの1つ。

後悔しないようにしっかりと依頼先を見極めたいところです。

マイホームの完成度は下調べが大きく関わってきます。

注文住宅をご検討中の方は是非、慎重にお選びください。